理想が現実になる注文住宅|大満足の家づくり

つみき

中古戸建ては何が違う

家の模型

中古物件の仕組みとは

戸建ては新築で建築できる注文住宅と藤沢の不動産屋で売っている中古一戸建てがあります。何が違うのかというと中古一戸建ては新築に比べてすでに建築されている物件です。土地と建物がセットで売られているもので、販売価格も明確になっています。これは以前所有していた人から藤沢の不動産屋が買い取ったものか、現在所有している人が仲介を利用して販売しているものになります。買い取りを行って販売している中古一戸建ては不動産屋が直接販売していて、今すぐにでも購入できます。しかし仲介の場合は売り主と交渉をして売買価格を決めて、ある程度購入までに時間がかかる仕組みです。中古一戸建ての販売価格は築年数が大きく関係しているのですが、これは年数が経過しているものほど安くなります。逆に新しい物件なら新築と殆ど変わらないため、金額も築年数の経過しているものより高いです。基本的に藤沢で売っている物件は建物の値段と土地の値段に分かれていて、合計した金額で売っています。減価償却の終了している物件では建物の価値がなくなるので、土地の金額だけで購入可能です。かなり安価に買えるお得品ですが減価償却の終了している場合、老朽化が懸念されるのでリフォームをしないといけません。最近藤沢の不動産屋では減価償却の終了している物件をリフォームして販売しているところもあるのです。安価で購入できるうえにオール電化といった高性能なものもあるので検討してみるといいでしょう。